2010年08月24日

夏の北京と久しぶりの味

さて、唐突ですが北京からブログを書いています。
今日から中国に仕入れに来ています。来月頭には日本に戻りますけどねっ。
あ、お店は私が居なくても毎日営業しているので何時でも遊びに来てください!
webショップの注文受付&発送もいつも通り毎日行ってます。
 
セントレアから青島(チンタオ)経由で北京に来ました。
...セントレアでチェックインする際、カウンターが相当混んでました(汗
チェックインの為に20分以上待ったのは初めてでした。
中国人のツアー客もいたようで、ビザ緩和の恩恵と弊害?なのかな、と思ったり。
 
経由便を使うと、名古屋→青島と、青島→北京で計2回機内食が楽しめますっ。
そんな豪勢な物は出ないんですけど、何ともいえない期待感があって私は毎回
楽しみにしています。
 
北京のホテルまで順調に到着し、ホテルにチェックインする際に毎度のごとく
てこずります...向こうにしてみれば、外国人(外賓)がノービザでやってくるので
オペレーション経験が乏しいみたいです。
毎回毎回「入国日は?」「査証(ビザ)は?」ときかれ、パスポートのコピーを
取ったりで10分くらい待たされてしまいます(苦笑
...最終的には毎回問題なく宿泊できるので、慣れちゃいましたけどね。
 
ホテルでちょっと休憩するともう3時過ぎ。
体を慣らすために外を歩きました。
(身体の意識を中国バージョンに切り替えるのです。簡単に言えば手荷物に特に
 注意を払うようにしたり...という感じです)
ホテル近くで見つけた一風景。
イメージ 1
まさに卓球台。
別に使わなくなって放置してあるわけじゃないですよ。
たまに人が集まってココで野外卓球をするのです。
中国では公園などでも卓球台を見かけるほど、身近なスポーツなのです。健康的ですね〜。
 
 
本日の早めの夕ご飯はコレ
イメージ 2
中華系ファストフード店「真功夫」にて食べた排骨(骨付き豚肉)セット。
この店は中国各都市に展開しているのですが、ご飯とスープ(手前)が美味しいんですよ。
今日のセットは日本円で約300円ちょいでした。
日本人の口にも合う刺激の少ない味が多いので、ぜひチャレンジしてみてください!
 
それでは、今日は早めに寝ます。
明日から毎日更新できればいいな、と思いつつ。


posted by hana at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

中国から日本へ帰国

今日のブログは、日本の自宅から書いています。
無事に上海から帰国しましたよ〜。
 
朝のうちに商品発送を済ませてから荷物整理、午前九時にホテルから空港に向けて出発。
12時発の中部国際空港行き。
増便の影響もあるのか、搭乗率は60%程度と、結構空いていましたね。
飛行機も遅れなどなく順調に日本に到着しました。
 
今回は一人旅だったので、必然的に中国語で会話する場面が多かったです。
まだまだ勉強不足(とくに単語)だということを痛感しましたが、同時に自分の喋った事を理解してもらえたり、
相手の言いたいことが理解できるってのは嬉しく楽しいものだ、ということも実感しました。
 
明日からはまたお店に出て、webショップの更新を中心に頑張っていきます。
・白檀、紫檀、黒檀、紅檀扇子
・手芸素材
・万博グッズ
  などが近日中にupできそうです。
  それ以外にも、工芸品、書籍、CDなども段々と更新していく予定です。
毎週必ず品物が増えるようにしていますので、たまにHPをのぞいてみてくださいね!
 
posted by hana at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

中国、上海万博体験記

 
今日は、中国滞在の最終日。明日の正午の飛行機で日本に帰国します。
...という事で、上海万博に行ってきました!
快晴の月曜日、気温もそれほど暑くなく、会場巡りにはちょうどいい天気でした。
(会場についての下調べなどは一切せずに突撃してみました)
 
まず1つ。
「万博の入場券は、当日に入り口付近で簡単に買えます」
旅行代理店やらオークションやらで日本に居ながら入手はできますが、現地で買えば
160元(約2200円)です。
 今日の場合は、チケット売り場には殆ど人が並んでいなかったので、2,3分ですぐに
手に入れることが出来ましたよ。
ちなみに、VISA,Master等のクレジットカードでの購入も可能でした。
 
入場すると目の前に中国館のパビリオンがっ!
イメージ 1
中国館に入るには、並ぶのではなく入場予約券方式だと言うことは前から知っていたので、
近くの係員に聞くと、
  『今日の予約券は配布終了しました』との事(汗
私は10時に入場したのですが、チケット配布は9時からで、30分程度で配布終了しちゃうみたいです。
(会場自体は9時会場、深夜12時に閉場。一般的なパビリオンは10時くらいまで営業)

中国館を見たい人は、朝一に並ぶか、入場確約のツアーを使うしかないですね...
残念ではあったのですが、幸い中国館内には中国各省のミニパビリオンもあり、そちらは
並ぶだけで入ることができます。10時半頃に並ぶと、10分くらいで中に入れましたよ。
 
その他、各国のパビリオンは、結構賑わっていましたよ〜。
外見が変わっている(=資金力がある?=認知度が高く人気がある)建物は並びがキツそうでした。
 私は今回1人で行ったので、何時間も並ぶような場所には入りませんでした。
1人で2,3時間並ぶのって結構厳しいですよね? 話し相手もいないし(苦笑
 
イメージ 2
 (日本館は12時時点で4時間待ち!)
各並び場所には、複数の係員がいて、誘導&横はいりの監視をしていました。
比較的並ばずに入れた場所のうち、一番印象的だったのはメインテーマ館(主題館)の
中の「城市地球館」でした。視覚と聴覚に訴え、誰にでも分かりやすいように作られている事に好感が持てました。
 
飲食施設やトイレは各所にあり、探すのに困ることはありませんでした。
が、食べ物はやっぱり高いですね...
平均すると会場の外で食べる値段の3倍くらい?でした。
ケンタッキーや吉野家等のファストフード店は良心的価格だった感じです。
 

華蔵のお店に並べる万博グッズの調達などをしている内にいい時間なったので、
会場全体の三分の一程度を回った(その一部のパビリオンのみを見た)だけで帰ることになりましたとさ。
...広すぎて、到底川の北側まで行く時間は無いですね。
南北制覇には最低3日かかりそうでした。

全体的に考えると、やっぱり面白いと思いますよ。
会場が広すぎるのが難点(?)ですが、中国の技術とパワーを感じることができました。
万博が最終月の10月は祝日と重なり相当混むハズなので、行ってみたい人は9月までにどうぞ!
posted by hana at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする