2018年06月22日

白檀扇子 インド産白檀原木のお値段について

今年入荷したインド産白檀扇子の販売も始まっていますが、今日扇子説明のページを更新したのでちょっとご紹介しますね。

工芸扇子として最も有名な「白檀(びゃくだん)扇子」ですが、扇子の製造元では扇子を作るために原木を仕入れます。
...そのお値段、知りたくないですか?

ソース(情報源)は中国蘇州にある扇子老舗の馴染みの担当者さんです。
1980年は1トンで30万。
2018年は1トンで500万。

ちなみに↑の価格は、日本円じゃないですよ〜。
ならば日本円なら一体いくらに!?
って、華蔵店舗のある愛知県瀬戸市なら土地付き一軒家が3軒は建つ金額ですよ(汗

気になる続きは、華蔵本館の扇子用高級木材紹介ページにて!
..だって、せっかく更新したので皆さんに見てもらいたいじゃないですか。
ページの下の方に他の年代の価格と一緒に明記してあるので、是非見てみてください!


XS102-31SP.jpg
白檀扇子の販売ページ(本館)はこちら

白檀扇子の販売ページ(Yahoo)はこちら
posted by hana at 11:46| Comment(0) | お店の内側 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

藍染生地(印花布)の準備中。

数日前に藍染生地が中国より到着して、現在まき直しと検品、撮影を行っています。

20180621.jpg

店内床にすのこ(生地が汚れないように&湿気対策)を引いて、その上に生地を置いて作業しています。

・今回は全部で41反入荷し、その大部分が柄生地、新デザインが5種類です。
・品切れ生地の再入荷も多数あります
・値段は(値上がりなどなく)いつものままです

6月中には注文可能になりますので、いましばらくお待ちくださいっ!

中国雑貨華蔵 webショップ本店藍染ページ

中国雑貨華蔵 Yahoo店藍染ページ
posted by hana at 17:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

かっさプレート 厚さの測り方

さて、タイトルからして需要があるかどうかかなり怪しい感じですが、(笑
今日のお題は厚さを測る事。

20180612.jpg

今現在のお店のパソコン横の作業スペースを、飾らずありのままにスマホで撮影したものです。
..ただ、写るべきじゃない物も多いので、部分のアップになっています。

写っているのは長さを測る道具、「デジタルノギス」です。
当店で3年半前に初めて購入したもので、未だ現役稼働中ですね。
初めてだったので、とりあえず安いやつって事で2000円程度の品です。

厚さが自動で表示されるのは素晴らしい事です。
それまでは、100円ショップにあるプラスチック製のノギスを使っていたのですが、
作業効率で言えば雲泥の差。
メモリを直接読まなくていいのでとても楽です。

このデジタルノギスを使って、かっさプレートの厚みがある辺の厚さを測る事で分類しているわけですね。
厚みごとに分類をしつつwebショップで販売するので、きっちりとした在庫管理体制が必要です。
(まぁ、ぶっちゃけると在庫が数百枚ある時には在庫は「ある程度」あってればいいのですが、
 数十枚になったらきっちりしないと、注文を受けたけど在庫が無い、ってことになります)

ですので、皆さんも家でしっかりとノギス、できればデジタルノギスを使ってかっさプレートの在庫管理をしてくださいね。

...

...

という纏めはさすがに強引ですね(笑
そう、かっさプレートというのは買う時に厚さを選べばよいだけなのです。
(例えば身体に使う場合は厚めにする、など)

面倒な在庫管理は当店にお任せください!!
 という纏めにしておきますね。
posted by hana at 16:29| Comment(0) | お店の内側 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする