2011年11月24日

経営者から見た選択と集中

今日は、瀬戸商工会議所が主催するセミナーに参加してきました。
(余談ですが、華蔵は地元瀬戸市の観光協会と商工会議所の会員になっています)

お金をかけずに店を繁盛させるためのセミナーで、なかなか有意義な内容でした。

私個人的な纏めではありますが、
・経営者には戦略を立てる力と、それを実行する順序を決定する必要がある。
・お店(事業)が、5年後にどうなっていたいかのビジョンを立てる
・その5年後を実現させるための年次経営目標を作り、会社全体に共有させる
・経営者自身の経営方針を、広く周知してもらうことが必要
→これが自店のウリにも繋がる。
・経営者の一番の仕事は思考すること。
→『なぜ?』はNG(過去の事を見ている)。
『どうすれば○○か?』というように、将来に向けた視線が必要。
・他店を意識しすぎず、自店のいい部分を強化していくのもいい

私的メモちっくですが、今日の成果ですっ。
今日の閉店後に、いろいろとビジョンと戦略をゆっくりと思考してみようと思います。
講師の人も話されていました。「思考するのはしんどい」と。
確かに、店舗やwebショップの作業をしていると楽(というか、特に考えなくても目的が見えていることが多い)んですよね...
今後、お店のアピールの仕方を少し軌道修正していくことになりそうな感じがします。



イメージ 1
今日の画像は、中国蘇州の一コマ。
あ、普通の民家ではなくて、観光地のお土産屋さんを撮影したものです。
こういう雑多なのんびり感、結構好きなんですよね〜。





posted by hana at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お店の内側 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。