2011年01月24日

北京の繁華街と冬の夜

北京の繁華街は、有名な場所が3箇所あります。
1つは、王府井(ワンフージン)。観光客が多く訪れる場所で、色々な物がありますが
お値段は高め。
 
2つ目は、前門(チェンメン)から大柵欄(ダーシュロウ)周辺。
前門は近年大きく改装して綺麗になりましたが、大柵欄は以前の雑然とした雰囲気が
残っています。老字号(ラォズゥホウ、老舗)と新しい店、お土産屋が並ぶ楽しい場所。
 
3つ目は、西単(シーダン)。
イメージ 1
服飾関連の店と、ブランドの入る百貨店、巨大な地下街
などがズラリと揃っていて、いつ行っても人がたくさん集まっている場所。
北京で暮らす若い人たちは、遊びに行ったりするときは西単によく出掛けます。
愛知県でいうと、栄〜名駅付近のような感じですね。
活気があっていい場所ですよ〜。
イメージ 2
写真は、今日の夜に撮影した西単の風景。
年末(春節前)という事もあり、ど派手なイルミネーションが目を惹きます。
...しかし、日本から離れた場所で氷点下の夜、こういう人込みにの中に1人でいると、ちょっぴり寂しさを感じるのも事実(苦笑
 
今日は本屋さんに行くために、夜7時頃に西単に行きました。
昼間は仕入れで各地にある市場を巡っているので、ちょっぴりリフレッシュできた感じです。
残すところ後3日になりました。


posted by hana at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。