2011年01月19日

中国の携帯番号の有効期限と残高補充

中国滞在中は、中国で購入した携帯電話を利用しています。
これで中国の取引先と連絡を取ったり、必要に応じて日本からSkypeで連絡したりします。
今回、中国で電話を使おうとしたら...打不通!(通じない!)
 
電話会社(ChinaUnicom)からSMSメッセージで
「有効期限が切れたか残高がゼロです。残高補充をしてください」
というメッセージが来ていたので、とりあえず取扱店に行きました。
 電話用の残高カードを購入。
イメージ 1
 
自分でも残高補充はできるのですが、手間がかかるので販売店の人にお願いしました。
裏面にあるカード番号を、SMSで電話会社宛てに送る、または専用の電話番号に電話し、自動応対メッセージに
従って操作することで補充完了。
 
イメージ 2
(画像は使用済みの無効カードです)
補充を店員さんにしてもらったのですが、完了時の残高メッセージを聞いて、
「まだ残高残ってるじゃん」と言われました。
 どうやら、電話番号(SIMカード)を長期間使用しなかったので、電話番号が凍結(休止)状態になっていた
ようです。↑のカードにある注意書きをよく読むと、
「このカードで残高補充をすると、電話番号の使用可能期間が90日延長されます」と書かれています。
 ただ、その使用可能期限が過ぎても、残高が無効になるわけではなく、再度補充をすれば以前の残高
に加算されて再度使用可能になる、というシステムのようですね。
 
これは今回初めて知った事なので、今後はあらかじめ20元くらいのカードを買っておき、中国に行くたびに
補充(と同時に休止状態から回復)をすれば、問題なく同じ電話番号を使い続けられる、ということですね!
 
...ただ、休止状態が最大何ヶ月有効なのかは私も知りません(汗
まぁ、電話番号は数十元で簡単に購入できるので、それほど気にしなくても良さそうですけどね。


posted by hana at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。