2020年09月12日

セミアンティークの指ぬき(シンブル)

20200912.jpg
さて、結構見つめられていますね(笑)

この動物たちは、天然石を彫刻して作られた指ぬき(シンブルともいいます)です。
本来は裁縫をする時に使うものなのですが、写真の物は実用品ではなくコレクション用。

1980年代に、中国から外国(主にヨーロッパの方)に輸出するために作られた品です。
今はほとんど見かけない品だと思いますよ。
どことなく、チェスの駒のような、(輸出先で売りやすいように)西洋的なデザインが見受けられます。


以前中国現地の骨董市場に出向いた際に、私(店主)の妻がとあるコレクション瓢箪店の
店主と気が合い、秘密の品(こういった天然石系と七宝焼系)を見せてくれました。
(..って書くと、コレクション瓢箪店というジャンルがある事に驚くかもしれませんね)
その方は、とあるツテから昔の輸出用工芸品を倉庫ごと(!)買取った事があり、その中の1商品がこの指ぬきだったのです。

彫刻の精巧さはそれほどでもないのですが、丁寧に手彫りされていますよ。

是非、お家でたくさん並べて飾ってあげてくださいね! ←営業トーク

ネットショップでも見れますし、華蔵実店舗では現品も見ることができますよ。

Yahooショッピング店の指ぬき(シンブル) 一覧

華蔵本店の指ぬき(シンブル) 一覧


★現在、最新情報などはこのブログではなくインスタグラムにて発信しています。
中国雑貨華蔵インスタページ[@zakka_hanakura]はこちら


posted by hana at 13:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。