2019年08月29日

金色のノートと便箋

中国の色と言えば、シンボルカラーの赤(紅)色や黄色を思い浮かべると思います。
が、例えばこんな商品もあるんですよ。
金色の紐閉じノート(商品コードEST122-1409gold)。
20190827a.jpg

金色の便箋(EST152-06)。
20190827c.jpg

とってもゴージャスな感じでテンションは上がるのですが、実際に使うとインクが若干乗りにくいというデメリットもあったりします。
が、中国仕入れ時に見かけてしまうと衝動買い(衝動仕入れ?)してしまうのです。
需要がそれほど無いためか、こういった完全に金色のものはなかなかお目にかかれません。
...ちなみに、銀色のものは今まで一度も見たことは無かったりします。

▼インスタ始めました
https://www.instagram.com/zakka_hanakura/

中国雑貨華蔵 実店舗:愛知県瀬戸市朝日町17(名古屋駅から電車で50分)
posted by hana at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

レトロ栞が色々と入荷しました。

20190601_1.jpg

数十種類入荷したのですが、あえて一番インパクトがあるやつをアップしました(笑
フェルトに近い厚紙に手描きされたものです。

何となくレトロ感あふれていますが、実際に30-40年前に作られたものですよ。
そして、全て同じジャンルの商品なんですが、何か分かりますか?
正解はwebショップにて確かめてくださいね!


..ってやると面倒だな、と思う方もいるので答えも書いておきますね、
「栞(しおり)」です。単品販売のものは全部300円ですよ。

中国雑貨華蔵 本店 栞販売ページ

華蔵Yahoo店 栞販売ページ
posted by hana at 15:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

天然木櫛のオイルセット 販売準備中

(最近インスタに投稿しているので、こちらの更新をほとんどしていませんでした。
 今後は、同内容での同時稿を予定しています)

華蔵webショップにて、天然木で作った櫛の販売を始めました。
日本では柘植(つげ)櫛が有名ですが、当店では黒金檀と緑檀という木を使っています。

20190218_1.jpg

ツゲ櫛と同様、ある程度お手入れすれば長く使える、のですが...
おそらく、お手入れについて知っている方はごく少数派。
そして、お手入れに使うオイルといえば、「椿油」を連想するのでは?
..が、椿油って結構高いんですよ。むしろ櫛本体よりも高価です。

でもでも、実はお手入れには椿油でなくとも、天然油であれば何でもOKなのです。
(同じ種類の油を使い続ける方が良いらしいですよ)
という事で、当店では専用のオリーブオイルを付けたセット商品を企画中です。
椿油よりも安いけど、同じく天然かつ入手しやすいのがポイント。
でも、オリーブオイルは光によっても酸化してしまうので、褐色の入れ物で。
そして、少量をセットにして試してもらうイメージで進めています。

その結果が今日のお写真!
20190218_2.jpg
20190218_3.jpg
親指サイズの褐色小瓶、1箱に100本入っています。それが4箱というボリューム。
もう後戻りできません!(笑

普通の市販品だとコルク瓶(空気が入り酸化する)だったり、単価がネックだったので、
いろいろと探し回った結果、理工学用品の小瓶になりました。
サンプルや実験用素材を保管しておくようなプロユースのお品です。
もちろん、瓶を傾けてもオイルがこぼれない事は実験済みですよ。

近いうちにセット商品が登場すると思いますので、お楽しみに。
華蔵本店https://www.seto-hanakura.com/ →天然木櫛コーナー

華蔵かっさ館(Yahooショッピング) →天然木櫛コーナー
posted by hana at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする